Top >  フォローアップミルクと牛乳 >  フォローアップミルクとは?

フォローアップミルクとは?

ヨーロッパでは、生後数ヶ月のうちから

赤ちゃんに牛乳を与える

習慣がありました。


しかし、早いうちから赤ちゃんに牛乳を与えると、鉄が欠乏して

貧血になったり、タンパク質をとりすぎてしまう事により、

腎臓に負担をかけてしまうという問題が指摘されました。


このような牛乳の欠点を補うために、

鉄分やカルシウムなどを多めに配合し、

タンパク質を牛乳よりは少なくしたものが作られました。


これがフォローアップミルクです。


成分的には、

ミルクよりも牛乳に近い

と考えてよいでしょう。


ミルクが「人工乳」と分類されるのに対し、

フォローアップミルクは、「食品」と分類され、

価格も、ミルクよりも手ごろなのが特徴です。


自分で飲んでみるとわかりますが、

フォローアップミルクは

牛乳に比べ、かなり甘いと思います。


このことからも、虫歯になりやすいのでは?

という声も聞かれ、


フォローアップミルクでは無く、

断乳後は牛乳にしているという

ママも少なくないようです。


しかし、フォローアップミルクが

虫歯の直接の原因となる事は

ありません。


虫歯が気になるなら、食後に湯冷ましや麦茶を飲ませたり、

寝る前の歯磨きをきちんとするようにすれば虫歯予防になります。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

フォローアップミルクと牛乳

ミルクとフォローアップではどう違うの?
牛乳ではなく、フォローアップにしないといけない?
などの疑問を解説していきます!

関連エントリー


フォローアップミルクとは?
フォローアップは必ず飲ませる?




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録