Top >  卒乳と断乳 >  回数を減らし分泌量を減らす

回数を減らし分泌量を減らす

意識的に授乳回数を減らして、母乳の分泌量を減らしていき

ある程度分泌量が減ってきたところで

断乳するという方法があります。


やり方としては、


できれば2ヶ月以上の時間をかけて、

ゆっくり授乳回数&分泌量を

減らしていくのが理想的です。


具体的な例をあげると、


現在の授乳回数が1日7回だとしたら

まずは授乳回数を1回減らして6回にする、


そして6回のペースが

定着してたら(だいたい2週間後ぐらい)

5回に減らすというようなやり方になります。


この時、決して今日7回、明日6回、あさって5回などという

無茶な減らし方はしないようにしましょう(^^;)


また授乳回数を減らした事により

おっぱいが痛んだりした場合は、

減らす回数を一旦そこでストップさせるようにしましょう。


そして、飲ませる姿勢を変えたりして(縦抱きやフットボール抱き)

おっぱいの調子が良くなるまで待ち、

それからまた減らすようにするなど、うまく調整して下さいね。


最終的に、

1日1〜2回の授乳になれば、

いつやめてもいいという状態になります。


そこで、全く飲ませなくなった(断乳した)場合は、

1週間後と1ヶ月後に、お風呂で一度全部搾りきる

残乳ケアをするようにしましょう。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

卒乳と断乳

卒乳と断乳は何が違うの?
自分(または赤ちゃん)は卒乳と断乳どちらに向いている?
そんな疑問を解決していきましょう。

関連エントリー


卒乳と断乳の違い
断乳に適した時期
妊娠したら断乳するの?
溜まり乳さんの場合
断乳方法のいろいろ
断乳時の注意点
断乳時のおっぱいケアの必要性
急に断乳する場合は?
回数を減らし分泌量を減らす
自然に卒乳した場合
断乳後の寝かせつけ方法
断乳〜私の決意
断乳〜おっぱい星人編




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録