Top >  卒乳と断乳 >  断乳時の注意点

断乳時の注意点

乳腺炎になったことをきっかけに断乳しようとする方がいますが、

基本的に乳腺炎の時の対処法と断乳時の対処法は正反対の事を

行うことになります。


乳腺炎になってしまった時は、

まめに赤ちゃんに

母乳を飲んでもらった方が良いですが、


断乳は飲ませず、

搾るのも圧抜き程度しか

できません。


断乳する日は、

ママと赤ちゃんが2人とも体調の良い時を

選ぶようにしましょう。


この日!と決めたからといって、

体調がよくない時に無理して実行しようとすると、

体調を悪化させる原因にもなりかねません。


それに、断乳はきっと想像以上に

大変な儀式(?)

になるかと思います。


ママの心の準備がまだ整っていないような場合も、

都合が許すかぎりは、

無理せず延期するようにしましょう。


できればしばらくはおっぱいを見せない方が、

いくらか断乳が楽になると思います。


連休の初日など、パパに赤ちゃんをお風呂に

入れてもらえる日を選ぶ方もいらっしゃるようです。


また、ママはお風呂で温まるとおっぱいが湧きやすくなりますので

湯船につかることはなるべく避けてシャワーなど済ませるようにし、

おっぱいや体を温めないようにした方が良いと思います。


食事もおっぱいの張りが落ち着いて来るまでは、

高脂肪や甘いものなどをなるべく控えて、

あっさりした和食にする方がいいですね。


長い間、好きなものを我慢したりして

食事制限されてきた方も

もう少しの辛抱です(^^)


だからと言って、急に脂っこいものや甘いものばかりの食事に

切り替わるのは体にとってよくありませんが(^^;)


断乳とその後のケアが無事に済んだら、

自分へのご褒美にケーキバイキングなんかに

出かけるのもありですね♪(・∀・*)

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

卒乳と断乳

卒乳と断乳は何が違うの?
自分(または赤ちゃん)は卒乳と断乳どちらに向いている?
そんな疑問を解決していきましょう。

関連エントリー


卒乳と断乳の違い
断乳に適した時期
妊娠したら断乳するの?
溜まり乳さんの場合
断乳方法のいろいろ
断乳時の注意点
断乳時のおっぱいケアの必要性
急に断乳する場合は?
回数を減らし分泌量を減らす
自然に卒乳した場合
断乳後の寝かせつけ方法
断乳〜私の決意
断乳〜おっぱい星人編




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録