Top >  ミルク育児の便利グッズ >  湯温調整の裏技

湯温調整の裏技

専用ポットやミルク温度設定の

出来るポットがあれば

便利に越したことはありませ。


そこで、自宅にあるようなもので

温度調整を行う場合の

ちょっとした裏技も紹介したいと思います。


お弁当の時などに持っていく

魔法瓶があればそれを活用します。


電気を使わないので

節約にもなりますね。


そして電気を使わない分、

少しずつ湯温が下がってくるのが

普通です。


そこで、だいたい何時間後ぐらいに

ミルクに適した温度に

なるのか把握しておきましょう。


室温などによって

多少変わってくるとは思いますが、

何度か利用するうちに分かってくると思います。


ミルクを作る時は、やや熱めのお湯を半分ぐらい入れてミルクを

溶かしてから、適量までお湯を足し、乳首をつけてから哺乳瓶ごと

流水や溜めた水の中に入れて冷ますのが一般的なやり方ですね。


しかし、毎回流水では水道代もムダになりますし、

時間もかかり赤ちゃんを待たせる事

になってしまいがちです。


そこで、この冷ますのに使う水を

あらかじめ準備しておきます。


哺乳瓶が入るぐらいのコップや

ペットボトルの底(切ったもの)を用意して、

水を半分ぐらい入れたら冷蔵庫で冷やしておきます


調乳後のミルクを哺乳瓶ごとその中に入れると、

すぐに適温にする事ができます。

(すぐに温度が下がっていくので、浸し過ぎ注意です(・∀・;))


水の用意をしていなかったら、あるいは面倒でしたら、

氷を入れて冷やしてもよいと思います。

(ミルクにでは無く、哺乳瓶ごと入れる水にですよ!(^^;))


一度沸騰させた水を冷蔵庫で冷やしておいて、

少し混ぜて調乳するという方法もあります。


しかし、水が古くなってしまわないように

注意が必要です。


こちらも、加えすぎるとミルクが

冷たくなってしまうので注意!


何度かやっているうちに、

どれくらい加えればちょうどよい温度になるか、

だいたいコツがつかめてくると思います。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

ミルク育児の便利グッズ

現代では便利なグッズが色々と販売されています
上手に活用して、時には裏技グッズも自作したりして
育児を楽しんでください!

関連エントリー


調乳に使うお湯のポット
湯温調整の裏技
ミルカーの色々




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録