Top >  母乳を与えられない時の対処法 >  搾乳について

搾乳について

搾るときは出来れば

搾乳機は避けて

なるべく手搾りがよいと言われています。


搾乳機を使用すると、

乳腺を傷つけたり、詰まらせたりする

原因となってしまう可能性があるからだそうです。


また、搾乳機では、

どうしても太い乳腺からの搾乳にとどまり、

詰りの原因となる細い乳腺からは搾りにくいそうです。


さらに、機械的な吸引による強い力で、

細い乳腺が引っ張られ、

さらに腺を細くしてしまう可能性もあるそうです。


私もそうでしたが、

やむを得ず搾乳機を使用する場合は、

1日1回は必ず手搾りも行うようにするとよいそうです。


溜まり乳さんの場合は、

搾り過ぎに注意しましょう。


回数は減らさず、

適度に軽めに搾るように

されるとよいかと思います


差し乳さんの場合は、片方を時間をかけて搾るのではなく、

片方にかける時間を短く、そして左右を何度か入れ替えて交互に

搾るとよいと思います。


赤ちゃんが吸った時ほど

湧いてくる分は少ないと思いますので

出る量は少なくてもかまいません。


この時の搾乳の目的は

たくさんのおっぱいを出すことでは無く、

おっぱいに必要性を感じさせておくこと。


そして、乳管を詰まらせないようにしたり、

常に新鮮な母乳が

出るようにしておくという意味があります。


もし授乳再開時に多少出る量が少なくなっても、

数日間、頻回授乳を心がければ分泌量は回復して来ますから、

ここで諦めてしまわないようにしましょう。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

母乳を与えられない時の対処法

ママが何らかの事情で赤ちゃんをおいて外出しなければ
ならなかったり、強めのお薬を飲まなければならなかったり
する機会があるかもしれません。

そんな時のためにも、薬や搾乳の事をぜひ知っておいてください。

関連エントリー


搾乳の知識をつけましょう
一時的な断乳をする場合は
薬と授乳
授乳中の薬〜私の選択
薬服用時に授乳を続ける場合
一時断乳〜私の体験談
搾乳について




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録