Top >  母乳を与えられない時の対処法 >  一時断乳〜私の体験談

一時断乳〜私の体験談

今や搾乳機という便利なものがあります。


機械的な吸引による力で乳管が引っ張られ、

さらに乳管を細くしてしまう可能性がある

などの理由からも手で搾るのがよいと言われています。


私の場合は皮膚疾患の治療のため、

母乳をお休みする事に

まりました。


その疾患が指にもでていて痒い&腫れていた為

手で搾ることは困難だと判断し、

皮膚科からの帰り道、搾乳機を購入して帰りました(;´▽`


機械でひっぱられるなんて・・・

と始めはおそるおそるだったのですが、

すぐに慣れました。


人によっては、機械が合わなかったりで、

何度やっても慣れずに

痛いだけだという方もいるようです。


わたしは幸い?搾乳機はすぐに使いこなせたのですが、

搾乳というものは、

想像以上に大変なものでした。


毎日3〜4時間おきに20分ぐらいかけて搾乳するほか、

赤ちゃんにミルクも与えなければいけません。


特に夜中は、

必ず起き上がって

搾乳しなければなりませんでした。


そして、搾乳がおわって眠りかけた頃、

赤ちゃんがお目覚め。


添い寝で母乳をちょっと与えて眠らせる

という事もできないので

再び起き上がり、ミルクを作り飲ませる・・・


そんな事が10日ぐらい続いたのですが、

さすがに毎日寝不足のまま、

1日中ぼ〜っとしていました (;´Д`)


しかしそんな努力の甲斐あって、

母乳を再開した時、それまでとかわらないリズムで

母乳育児を続ける事ができました。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

母乳を与えられない時の対処法

ママが何らかの事情で赤ちゃんをおいて外出しなければ
ならなかったり、強めのお薬を飲まなければならなかったり
する機会があるかもしれません。

そんな時のためにも、薬や搾乳の事をぜひ知っておいてください。

関連エントリー


搾乳の知識をつけましょう
一時的な断乳をする場合は
薬と授乳
授乳中の薬〜私の選択
薬服用時に授乳を続ける場合
一時断乳〜私の体験談
搾乳について




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録