Top >  母乳を与えられない時の対処法 >  授乳中の薬〜私の選択

授乳中の薬〜私の選択

実際私も、

産後のホルモンバランスの乱れのためか、

一時的に敏感肌になりました。


ちょっとした刺激で肌がかぶれて、腫れ上がり

痒みで眠れないほどまでになってしまい、

産後2ヶ月の時に医者にかかった経験があります。


その時、塗り薬だけではおいつかないと言うことで、

かゆみ止めの飲み薬を処方されました。


かゆみを意図的にとめる=麻痺させるということですから、

不安になり、授乳中だということも伝えましたが、

はっきり「中止して下さい」とは、言われませんでした。


先生いわく、

「母乳に出ますので、薬を服用中は授乳を止めておきましょうか?」

というアドバイス的なものでした。


「赤ちゃんに悪い影響がでるのですか?」と聞いたところ、

「その可能性は、ほとんど無いと思いますが、100%大丈夫

 とは言い切れないので・・・」というような解答でした。


母親ならば、やはりごくわずかでも、

悪い影響の危険性があると言われれば、

やめておこうかな・・・と思いますよね?!


また、子供の月齢がまだ2ヶ月だったという事もあり、

薬を服用しながらの授乳は

私の選択肢にはありませんでした。


薬を服用しつつ、ドキドキしながら授乳するぐらいなら、

薬の服用を諦めるか、断乳してでも服用するか・・・

私の選択は2つに1つでした。


ただでさえ、眠れないのに、

せっかく眠れる時間が出来ても

痒くて眠れないんじゃ、身が持たない。


そして母乳だって

出なくなってしまうのでは・・・?


そんな考えからも、

私は断乳し、

薬を服用することにしました。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

母乳を与えられない時の対処法

ママが何らかの事情で赤ちゃんをおいて外出しなければ
ならなかったり、強めのお薬を飲まなければならなかったり
する機会があるかもしれません。

そんな時のためにも、薬や搾乳の事をぜひ知っておいてください。

関連エントリー


搾乳の知識をつけましょう
一時的な断乳をする場合は
薬と授乳
授乳中の薬〜私の選択
薬服用時に授乳を続ける場合
一時断乳〜私の体験談
搾乳について




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録