Top >  母乳を与えられない時の対処法 >  薬と授乳

薬と授乳

ほとんどの薬は

母乳に移行しますが、

その量はわずかだそうです。


一般的な薬の服用で、

母乳を通して赤ちゃんに何らかの害がでる

可能性は低いと言われています。


もし、何らかの症状が出たとしても、

たいていは一過性の

軽いもので済むようです。


ただ、多少なりとも

母乳に移行するという

事実はあります。


そのため、責任問題などを考えると、

服用中は授乳はお休みしましょうと

指導する医師の方が多いかもしれません。


断乳が絶対に必要となる薬は、

母乳にたくさん移行する薬で、

しかも重い副作用を起こすおそれのある薬です。


たとえば、一部の抗がん剤や免疫抑制薬、

放射性医薬品などが

あげられます。


日常的な病気に処方される薬でしたら、

授乳中であっても

それほど心配ないとされています。


悪影響の確率は、

薬そのものの危険度のほか、

赤ちゃんの月齢によっても変わってきます。


とくに注意が必要なのは、

生後1〜2ヶ月ぐらいまでだそうです。


まだ肝臓や腎臓の働きが不十分で、

薬を排泄する能力が低い為です。


場合によっては、

母乳中の薬が赤ちゃんの体内にたまり、

思わぬ悪影響を及ぼすおそれがあります。


母乳による副作用報告例は少ないのですが、

その中でも、

新生時期に起きているものがほとんどだそうです。


断乳を必要とするのは一部の薬といっても、

そのほかの薬の安全性が

必ずしも確立されているわけではありません。


授乳中は、市販薬も含め

必ず医師や薬剤師の指導や相談を受けて

服用するように心がけましょう。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

母乳を与えられない時の対処法

ママが何らかの事情で赤ちゃんをおいて外出しなければ
ならなかったり、強めのお薬を飲まなければならなかったり
する機会があるかもしれません。

そんな時のためにも、薬や搾乳の事をぜひ知っておいてください。

関連エントリー


搾乳の知識をつけましょう
一時的な断乳をする場合は
薬と授乳
授乳中の薬〜私の選択
薬服用時に授乳を続ける場合
一時断乳〜私の体験談
搾乳について




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録