Top >  母乳を与えられない時の対処法 >  一時的な断乳をする場合は

一時的な断乳をする場合は

ママが薬などを飲むことになり

一時的に母乳をお休みする場合、


赤ちゃんを連れて行けない用事などで、

長時間にわたり母乳を

あげる事ができなくなった場合は、


定期的に母乳を搾って

出しておく必要があります。(搾乳)


母乳を溜めっぱなしにしておくという事は、

脳やおっぱいに”母乳を出せ”という

指令が行かないことになります。


おっぱいは、もう必要ないのかな?と判断し、

母乳を作ることを

やめてしまうからです。


あまりおっぱいが張らないからとそのままにしておいたり、

張った時だけ搾るのでは、”今までのようには必要なくなった”

と判断してしまい、分泌量が減ってしまう結果になってしまいます。


そしてその後、授乳を再開した時、

今までのような量が出なくなってしまった、

というケースが多いのです。


そのような事にならないようにするには、

できれば3〜4時間おき

最低でも1日5〜6回は搾乳をします。


母乳をまだまだ必要としている

事を脳やおっぱいに

伝えておかなければなりません。


たとえおっぱいがあまり張っていなくても、

搾っても少ししか出なくてもいいので、

必ず3〜4時間おき、1日5〜6回程の搾乳

を続けるようにしましょう。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

母乳を与えられない時の対処法

ママが何らかの事情で赤ちゃんをおいて外出しなければ
ならなかったり、強めのお薬を飲まなければならなかったり
する機会があるかもしれません。

そんな時のためにも、薬や搾乳の事をぜひ知っておいてください。

関連エントリー


搾乳の知識をつけましょう
一時的な断乳をする場合は
薬と授乳
授乳中の薬〜私の選択
薬服用時に授乳を続ける場合
一時断乳〜私の体験談
搾乳について




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録