Top >  おっぱいトラブル >  乳腺炎について

乳腺炎について

< 乳腺炎の症状 >


・おっぱいの一部が痛む(赤ちゃんを抱っこした時や歩いた時の

 振動が響いて 痛んだりする場合もあります)


・おっぱいの一部が固くなる、しこりができる


・おっぱいの一部に熱を持っている


・痛い部分が赤くなっている


・寒気がする


・熱が出る


・搾ると半透明の白い母乳ではなく、黄色みがかった母乳が出る


・味を確かめると美味しくない(しょっぱいなど)

   
などがあります。すべての症状が出ていなくても、

一つでも当てはまるような事があれば、

早めに対処するようにしましょう。

乳腺炎は、乳腺が炎症を起こしている状態です。


代表的なものは

急性乳腺炎と

うっ滞性乳腺炎があげられます。


・急性乳腺炎(急性化膿性乳腺炎)


細菌感染によって引き起こされる炎症で、

産後2〜3週間目位から

症状が出る事が多いようです。


赤ちゃんがお乳を吸ったり搾乳したりする時に、

乳首が炎症を起こしたり、

傷がついてしまうことがあります。


そこに黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などの

化膿菌が侵入し、

乳腺内で炎症を起こしてしまうのです。


・うっ滞性乳腺炎


乳児への授乳が十分でない場合や、

乳首の発達が悪くて母乳が分泌されにくくなり、

母乳が乳腺内にたまることによって起きます。


出産後まもない(2〜3日)のママや、

特に初産の人に

多くみられるようです。


痛みはあっても、

急性乳腺炎ほど

激しい全身症状は出ないようです。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

おっぱいトラブル

母乳がつまって出にくい、痛い。
母乳は出るのにデキモノができてしまい痛くてあげられない
などなど、おっぱいのトラブルはよくある事です。

対処方法を頭にいれておき、普段から予防につとめていれば安心ですね。

関連エントリー


白斑
白斑(乳管炎・乳口炎)の対処法
しこり・詰まり
乳腺炎について
乳腺炎の対処法
乳腺炎〜私の体験談




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録