Top >  おっぱいトラブル >  しこり・詰まり

しこり・詰まり

< しこりや詰まりの症状 >


・乳房の一部にしこりができる


・おっぱいを押さえると痛むしこりできる


・おっぱいを吸わせると乳首がチクチクするような感じがある


・赤ちゃんに飲んでもらった後も張りが残る


・授乳していない時や授乳後におっぱいがチクチク痛む


授乳の時の体勢はいつもだいたい決まっていて、

赤ちゃんに吸われる方向が同じ事が多いと思います。


普段吸われにくい乳腺はどうしても

出にくくなったり、

詰まりやすくなります。


また、授乳間隔があいてきたり、

授乳回数が減ったママが

おっぱいの詰まりやすい食事を摂ったり、


睡眠不足等で疲れが溜まっている時などに

おっぱいが詰まりやすくなったり、

しこりができる事が多いです。


しこりができる仕組みは、

しこりの部分でおっぱい

が詰まっているのではありません。


たいていは乳輪から乳頭付近の乳管が詰まっているせいで、

作られたおっぱいが出口を失って

滞っている状態になっています。


ですから、しこりの部分をもみほぐそうとすることは、

痛いだけで

無意味だそうです。


しこりの部分は触らずに、

冷却シート(熱さまし用でOK)や保冷剤

などで冷やすようにしましょう。


そして、乳管開通マッサージなどで、

詰まりがある乳輪から乳頭部分の乳管のマッサージと

搾乳をするようにしてみるとよいと思います。


また、しばらくの間は普段と違った抱き方などを実践し、

マメに授乳するようにすることをオススメします。


しこりや詰まりは、

早めに対応しないと、

乳腺炎等になってしまう可能性もあります。


おかしいなと思ったら

なるべく早く、対処していきましょう。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

おっぱいトラブル

母乳がつまって出にくい、痛い。
母乳は出るのにデキモノができてしまい痛くてあげられない
などなど、おっぱいのトラブルはよくある事です。

対処方法を頭にいれておき、普段から予防につとめていれば安心ですね。

関連エントリー


白斑
白斑(乳管炎・乳口炎)の対処法
しこり・詰まり
乳腺炎について
乳腺炎の対処法
乳腺炎〜私の体験談




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録