Top >  おっぱいトラブル >  白斑

白斑

< 白斑の症状 >


・乳首に白色または

 透明の小さなデキモノや水泡が出来て

 赤ちゃんに吸われると乳首が痛い


・赤ちゃんに吸われても痛くないが、

 乳首にデキモノが出来ている


・乳首の先が一部ふくれている

 (腫れていたり硬くなっている)


などがあり、このデキモノを”白斑(はくはん)”といいます。


これは乳腺やおっぱいの出口が詰まってしまい、

母乳が外に出られなくなったためにおこる現象です。


白斑やしこりの一番の原因は

ママの食事にあると言われています。


母乳は、ママの血液から出来ているので、

脂質や糖分の多い食事(油っこいものや甘いお菓子)を摂ったり、

乳製品を飲んだりした事により、


血液がドロドロになり、

詰まりやすくなってしまうため、

白斑やしこりが出来やすくなります。


また、肩凝りや疲れなども

血液の循環が悪くなり、

詰まりやしこりの原因になります。


肩を回したり軽く運動をしたりして、

血液の流れをよくするよう

心がけるとよいですね(^^)


それから、

意外と見逃しがちなのが下着です。


ワイヤー入りのブラジャーなどで体を締めつけていると、

血液の流れが悪くなり、

特に脇のあたりが詰まりやすくなるそうです。


授乳中はやわらかい

ノンワイヤーのブラジャーを

つけるようにした方が良いようです。


小さな白斑やちょっとしたしこりでも、

ケアを怠ると炎症が悪化し、

乳腺炎等に進行してしまうこともあります。


日頃から予防を心がけ、

出来てしまった時のケアは

早めに行うようにしましょう。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

おっぱいトラブル

母乳がつまって出にくい、痛い。
母乳は出るのにデキモノができてしまい痛くてあげられない
などなど、おっぱいのトラブルはよくある事です。

対処方法を頭にいれておき、普段から予防につとめていれば安心ですね。

関連エントリー


白斑
白斑(乳管炎・乳口炎)の対処法
しこり・詰まり
乳腺炎について
乳腺炎の対処法
乳腺炎〜私の体験談




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録