Top >  出るおっぱいを目指そう! >  母乳が足りているか判断の目安

母乳が足りているか判断の目安

ある程度、月齢が進んでいくと、

足りないといつまでもおっぱいを

離さなかったり、


出ないと泣いてみたり

とわかりやすい赤ちゃんも

でてきます。


しかし、

新生児期の赤ちゃんは

哺乳力も弱く、口も小さいので


おっぱいを吸うとすぐに疲れて

途中で眠ってしまうなんてことも

よくあります。


逆に、3ヶ月以前の赤ちゃんは

満腹中枢が発達していないので、


母乳やミルクを与えられれば

与えられただけ飲んでしまう子も

少なくないようです。


新生時期なら特に、

わけがわからず泣くのは

普通のことですし、


泣きやまないから

母乳が足りていないという

目安にはなりません


また、月齢が進んだ赤ちゃんでも、

何で泣いているのかわからない

なんてこともよくある事です。


ここで、泣いている理由がわからず、

周りからも「母乳が足りていないんじゃない?」

なんて言われて不安になり、


ミルクを足したり、

母乳育児を諦めるママも

少なくないようです。


このようなことからも、1回ずつではなく、

1日〜1週間単位の体重の増え方で

判断してみても良いと思います。


それから、

おしっこが1日に6回以上出ているかどうか?

という事を確認してみましょう。


本当に母乳が足りない場合、

母乳自体の水分量も不足する為

おしっこの回数も減ることになるそうです。


3ヶ月ぐらいまでの赤ちゃんなら、

体重が1日平均15〜20g以上

増えていれば安心と言われています。


ただし、これはあくまでも目安です。


極端な話をすると、

体重が減ってはいないか、

発育曲線からはみ出してはいないか等で判断し、


その子なりの成長がみられれば

大丈夫という意見もあります。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

出るおっぱいを目指そう!

始めは出ないおっぱいも、”出るおっぱい”になる可能性を
充分にもっています。

母乳育児を希望するならば、”出るおっぱい”になる為の
知識をつけましょう!!

関連エントリー


母乳についての勘違い
ミルクと母乳の飲ませ方の違い
乳管開通について
自分で出来る乳管開通
乳頭マッサージ&基底部剥がし
乳管開通の為の搾乳
自分で出来る乳管開通【補足】
母乳量とべビースケールについて
搾乳量と実際飲む母乳量の違い
母乳育児を諦める前に
母乳が足りているか判断の目安
母乳の量を増やすには
頻回授乳に疲れてしまった時
母乳増量時のミルクの足し方@
母乳増量時のミルクの足し方A
夜間の授乳間隔を空けない方法




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録