Top >  出るおっぱいを目指そう! >  搾乳量と実際飲む母乳量の違い

搾乳量と実際飲む母乳量の違い

よく、おっぱいを搾乳して

母乳がどれくらい出ているかを

調べようとする人がいます。


しかし、搾って出る母乳の量と

赤ちゃんが飲む母乳量とは

異なります。


なぜならば、搾乳で与えられる刺激と、

赤ちゃんが吸った刺激とでは

違いがあるからです。


基本的に母乳は、

赤ちゃんがおっぱいを吸った刺激でホルモンが

脳に指令をだし、


母乳を作るしくみになっているとう事を

覚えておきましょう。


このことは、

【 おっぱいの出るしくみ 】でも詳しく説明していますので

参考になさってみて下さいね(^^)


赤ちゃんが飲む量は、

溜まっていた分+吸った刺激で湧いてきた分となります。


このようなことからも、自分で搾った時より、

赤ちゃんがおっぱいを吸った時の方が

母乳量が多いという事になります。


搾乳量を目安にして、

不安がったり、ミルクを足したりと

もったいないことをしないように・・・(^^;)


何倍だとか、

どれくらい多いという事は

わかりませんが、


搾乳してみて、

”これだけ出ていれば、

 母乳はもっと出ている

 から大丈夫だ!”と


安心材料になるなら

よいかもしれませんね^^

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

出るおっぱいを目指そう!

始めは出ないおっぱいも、”出るおっぱい”になる可能性を
充分にもっています。

母乳育児を希望するならば、”出るおっぱい”になる為の
知識をつけましょう!!

関連エントリー


母乳についての勘違い
ミルクと母乳の飲ませ方の違い
乳管開通について
自分で出来る乳管開通
乳頭マッサージ&基底部剥がし
乳管開通の為の搾乳
自分で出来る乳管開通【補足】
母乳量とべビースケールについて
搾乳量と実際飲む母乳量の違い
母乳育児を諦める前に
母乳が足りているか判断の目安
母乳の量を増やすには
頻回授乳に疲れてしまった時
母乳増量時のミルクの足し方@
母乳増量時のミルクの足し方A
夜間の授乳間隔を空けない方法




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録