Top >  出るおっぱいを目指そう! >  母乳量とべビースケールについて

母乳量とべビースケールについて

始めのうちは、

母乳がどれくらい出ているのか、

気になって仕方ないと思います。


私が2人目を出産した産院では、

毎回、飲む前、飲んだ後の

赤ちゃんの体重を量り、


飲んだ量を1グラム単位まで

細かく計算していました。


その為か、余計に、退院してからも

母乳量が細かく知りたくて仕方なくなり、

ついに中古のベビースケールを購入してしまいました(^^;)


ベビースケールで母乳量を確認するということにも

賛否両論あります


私の場合、きちんと勉強してから

2人目の母乳育児に臨みました。


そのことが幸いしてか、

順調に母乳量が増えていくのが目に見えてわかり、

嬉しい限りでした。


しかし、

ミルクの缶に書いてある規定量には

およんでいませんでした。


新生児期だと

1回に30ccぐらい母乳が出ていれば授乳回数を増やす

頻回授乳で充分やっていける量です。


しかし、ベビースケールなどで

細かな数字を出してしまう事で、


「ミルクの缶に書いてある数値には○○ccも足りていない!」


とあせってしまう方も少なくないようです。


頻回授乳でフォローするということをせず、

足りない分をきっちりミルクで補ってしまい、


結果的に授乳間隔があいてしまって

頻回授乳のチャンスを

失ってしまうことになりかねません。


ベビースケールを使うのは自由ですが、

【ミルクと母乳の飲ませ方の違い】で紹介したように、


ミルクと同じ量飲ませるものでは無いという事を

しっかり覚えておいて下さい(^^)


また出る量も多いときや少ないときと

一定しないのが普通です。


あまりスケールの数字にとらわれずに、

1日1回程度、体重の増え具合を見る程度に

とどめておくとよいのかもしれません。


(そういう私も、始めの頃は毎回量ってましたが・・・^^;)

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

出るおっぱいを目指そう!

始めは出ないおっぱいも、”出るおっぱい”になる可能性を
充分にもっています。

母乳育児を希望するならば、”出るおっぱい”になる為の
知識をつけましょう!!

関連エントリー


母乳についての勘違い
ミルクと母乳の飲ませ方の違い
乳管開通について
自分で出来る乳管開通
乳頭マッサージ&基底部剥がし
乳管開通の為の搾乳
自分で出来る乳管開通【補足】
母乳量とべビースケールについて
搾乳量と実際飲む母乳量の違い
母乳育児を諦める前に
母乳が足りているか判断の目安
母乳の量を増やすには
頻回授乳に疲れてしまった時
母乳増量時のミルクの足し方@
母乳増量時のミルクの足し方A
夜間の授乳間隔を空けない方法




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録