Top >  出るおっぱいを目指そう! >  自分で出来る乳管開通【補足】

自分で出来る乳管開通【補足】

あくまでもおっぱいのケアに慣れないママが、

自分で行うマッサージです。


そのため、1回のマッサージで

何本もの乳管がスッキリ開通する、

というわけにはいきません。


しばらくは毎日(なるべく授乳の度に)根気よく行い、

ある程度乳管が開いて、授乳のリズムがついてくるまで

続けるとよいかもしれません。


また、授乳のリズムがついてきてからも、

徐々に詰まってくることもあります。


それに気づかずにいると、

おっぱいのトラブルの原因に

なってしまいかねません。


おっぱいトラブルの予防のためにも、

時々は乳管の詰まり等のチェックや

乳管開通マッサージをするようにしてみて下さい。


お風呂に入ったときや

シャワーの時なら温めながら出来ますし

やりやすいかもしれません。


部屋でやるなら

蒸しタオルでおっぱいを温めながらが

効果的です。


※おっぱいを温めながらマッサージをするのは、

 あくまでもおっぱいにしこりや詰まり、

 乳腺炎などのトラブルがない場合です。


 しこりがあるときや乳腺炎等で

 おっぱいの一部分が痛む時は

 おっぱいは温めずに痛む部分を冷やす必要があります。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

出るおっぱいを目指そう!

始めは出ないおっぱいも、”出るおっぱい”になる可能性を
充分にもっています。

母乳育児を希望するならば、”出るおっぱい”になる為の
知識をつけましょう!!

関連エントリー


母乳についての勘違い
ミルクと母乳の飲ませ方の違い
乳管開通について
自分で出来る乳管開通
乳頭マッサージ&基底部剥がし
乳管開通の為の搾乳
自分で出来る乳管開通【補足】
母乳量とべビースケールについて
搾乳量と実際飲む母乳量の違い
母乳育児を諦める前に
母乳が足りているか判断の目安
母乳の量を増やすには
頻回授乳に疲れてしまった時
母乳増量時のミルクの足し方@
母乳増量時のミルクの足し方A
夜間の授乳間隔を空けない方法




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録