Top >  出るおっぱいを目指そう! >  乳頭マッサージ&基底部剥がし

乳頭マッサージ&基底部剥がし

”基底部から剥がす”というとなんだか、バリバリバリっと

こわいものの様な気がしてしまうかもしれませんが(私だけ?)

いわゆる準備体操みたいなものです(^^)


1.まず、乳頭部分を親指と人差し指&中指をつかって

  上下左右と、色々な角度からつまみます。

  この時、指に力を入れる必要はありません。


 これは乳頭をやわらかくしたり、つまっているものを押し出し

 たりするのに役立つようです。


2.次に片方のおっぱい全体を逆の方の手で優しく包むように

  つかみます。


  もう一方の手の平(手首寄りのあたり)で、おっぱいを包んだ

  手ごとゆっくり中心部に向かって押します。


 この時、”おっぱいを基底部分から剥がす”ということを

 イメージしてみるとよいかもしれません。


3.同じ要領で、下からも同じイメージでやってみましょう。

 (この時、もう一方の方の手は、おっぱいを包んでる手ごと

  おっぱいを下から押し上げるような感じになります。)


4.同様にもう片方のおっぱいもやりましょう


☆ 2〜4の ”おっぱいを基底部から剥がす”マッサージは

  片方、横から、下からを各5回ずつぐらい、

  左右のおっぱいを交互に3〜5クールやると効果的のようです。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

出るおっぱいを目指そう!

始めは出ないおっぱいも、”出るおっぱい”になる可能性を
充分にもっています。

母乳育児を希望するならば、”出るおっぱい”になる為の
知識をつけましょう!!

関連エントリー


母乳についての勘違い
ミルクと母乳の飲ませ方の違い
乳管開通について
自分で出来る乳管開通
乳頭マッサージ&基底部剥がし
乳管開通の為の搾乳
自分で出来る乳管開通【補足】
母乳量とべビースケールについて
搾乳量と実際飲む母乳量の違い
母乳育児を諦める前に
母乳が足りているか判断の目安
母乳の量を増やすには
頻回授乳に疲れてしまった時
母乳増量時のミルクの足し方@
母乳増量時のミルクの足し方A
夜間の授乳間隔を空けない方法




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録