Top >  出るおっぱいを目指そう! >  自分で出来る乳管開通

自分で出来る乳管開通

私が産院で教わった事、

自分で調べたことをもとに

参考として、紹介してみたいと思います。


必ずしもこの方法でというわけではありませんし、

向き、不向きがあるかもしれません。


搾り方は正しい方法があるというわけではないので、

自分でいろいろ試してみて

やりやすい方法を見つけて下さいね。


最初は搾ったとき母乳がにじむほどしか出なくても大丈夫です。

母乳を指で押し出すことによって、細くなっている乳管を

押し広げてあげるのです。


また、赤ちゃんに上手く吸ってもらえない部分に溜まった

古い母乳を出してあげたり、古い母乳が細菌感染を起こし

乳腺炎になるのを防ぐ役割もあります。


そしてその部分の乳管にまた新しい母乳が流れるように

お掃除しておくといった意味もあります。

始めのうちは、母乳の量も微々たるものの場合が多いです。


それなのに搾るなんてもったいない!と

最初は思ってしまうかもしれませんので、

この役割や意味をしっかり理解しておきましょう。


また、【 おっぱいの出るしくみ 】でも書いたように、

母乳は吸われたり搾ったりして空っぽになった方が、

また必要だと思って、たくさん作られるようになります。


ですから、不安に思わずにしっかり搾ってあげて下さい。


やり方は、次のページから、

詳しく紹介していきたいと思います。


どちらかでは無く、順に両方、実行してみてくださいね(^^;)

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

出るおっぱいを目指そう!

始めは出ないおっぱいも、”出るおっぱい”になる可能性を
充分にもっています。

母乳育児を希望するならば、”出るおっぱい”になる為の
知識をつけましょう!!

関連エントリー


母乳についての勘違い
ミルクと母乳の飲ませ方の違い
乳管開通について
自分で出来る乳管開通
乳頭マッサージ&基底部剥がし
乳管開通の為の搾乳
自分で出来る乳管開通【補足】
母乳量とべビースケールについて
搾乳量と実際飲む母乳量の違い
母乳育児を諦める前に
母乳が足りているか判断の目安
母乳の量を増やすには
頻回授乳に疲れてしまった時
母乳増量時のミルクの足し方@
母乳増量時のミルクの足し方A
夜間の授乳間隔を空けない方法




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録