Top >  出るおっぱいを目指そう! >  乳管開通について

乳管開通について

まず母乳を出すためにやって欲しいことは、

おっぱいの出口である乳管をしっかり開いてやることです。


いくらおっぱいが少しつづ作られ始めても、そのおっぱいの

出口である乳管が充分に開いていないと、おっぱいを出す事が

出来なければ意味が無く、トラブルにもなりかねません。


乳管は20本くらいあるといわれています。


始めのうちは2〜3箇所から、おっぱいがにじみ出てくるぐらい

かもしれませんが、出来ればおっぱいを搾ってみたときに

5〜10本ぐらいの乳管から母乳が出るようにしていきましょう。


特に初産の人などは

乳管が開きにくい傾向にあるようです。


乳管が充分に開いていない状態で赤ちゃんに吸われると、

開いていない乳管から、赤ちゃんが一生懸命おっぱいを吸おうと

強く乳首を吸いすぎたりして、乳首に負担がかかります。


そうなると、乳首が痛んだり、

切れやすくなったりする

トラブルが起こりがちです。


たいていの病院(産院・助産院)等で

始めに入管開通の為の指導があるのではないかと思います。


しかし、このような指導が受けられない場合などは、

妊娠中から乳管開通の手助けや母乳マッサージをしてくれる所など

を調べておくとよいかもしれません。


産後なるべく早いうちにマッサージ等が受けられるように

しておくと安心ですね。


しかしながら、産後の外出は困難であったり、経済的な事情で

マッサージ等の出費が大変な場合もあるかと思います。


そんな時は、

【 自分で出来る乳管開通 】を

参考になさって下さいね。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

出るおっぱいを目指そう!

始めは出ないおっぱいも、”出るおっぱい”になる可能性を
充分にもっています。

母乳育児を希望するならば、”出るおっぱい”になる為の
知識をつけましょう!!

関連エントリー


母乳についての勘違い
ミルクと母乳の飲ませ方の違い
乳管開通について
自分で出来る乳管開通
乳頭マッサージ&基底部剥がし
乳管開通の為の搾乳
自分で出来る乳管開通【補足】
母乳量とべビースケールについて
搾乳量と実際飲む母乳量の違い
母乳育児を諦める前に
母乳が足りているか判断の目安
母乳の量を増やすには
頻回授乳に疲れてしまった時
母乳増量時のミルクの足し方@
母乳増量時のミルクの足し方A
夜間の授乳間隔を空けない方法




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録