Top >  母乳育児の基礎知識 >  差し乳さんの為の知識と注意点

差し乳さんの為の知識と注意点

差し乳タイプのおっぱいは、

産後数日経っても張ってくる感覚が

感じられないようです。


しかし、張らないから出ていないとも限りませんし、

もし出が悪くとも、そこで諦めてしまっては、

出るようになるチャンスを逃がしてしまう事になってしまいます。


差し乳タイプのおっぱいは、おっぱいが張る(母乳を溜める)

事をしないおっぱいと言えるかと思います。


けれど、だんだんとリズムを作っていけば、赤ちゃんが

欲しがった(吸った)時だけ、必要に応じてその都度

母乳が作られるという、大変都合のよいおっぱいになりえます。


しかし、出ないおっぱい、張らないおっぱいを、

需要と供給のバランスのとれたおっぱいにするまでは、

根気良く、赤ちゃんに吸ってもらう必要性があります。


【 おっぱいの出るしくみ 】で説明したように、

赤ちゃんに吸ってもらった事により、その刺激が脳に伝わり、

2つのホルモンが今度は脳からおっぱいに伝わるのです。


何度も吸わせる頻回授乳を続けるのは大変かもしれませんが、

”差し乳”タイプがあるという事や、おっぱいの出るしくみを

しっかり理解しておけば、頑張れる手助けになるかもしれません(^^)


また、【 母乳量の増やし方 】も参考になさって下さいね。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

母乳育児の基礎知識

母乳についての知識を得ることで、育児の考え方が
かわってくるかもしれません。

母乳育児について理解できている人

私の一人目出産時のように、
理解できていないで言われるがままに・・・という人
とでは随分違いますよ!(^^)

関連エントリー


母乳の準備はいつから?
妊娠中から出来ること
おっぱいの出るしくみ
母乳の栄養とメリット
溜まり乳と差し乳
溜まり乳さんの為の知識
溜まり乳さんの注意点
差し乳さんの為の知識と注意点




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録