Top >  母乳育児の基礎知識 >  溜まり乳さんの注意点

溜まり乳さんの注意点

溜まって時間が経った母乳は、

赤ちゃんにとって、カロリーも低く甘ったるく

まずいものになるそうです。


ママにとってのトラブル(乳腺炎など)も大変辛いものです。


トラブル回避のために出来ることをあげてみましたので

参考になさって下さいね。


・授乳間隔は2時間半〜4時間ごとが理想的。

 4時間以上はあけない事


・1日8回以上の授乳を心がけましょう


・夜中の授乳も2回以上行うようにしましょう

(うっかり朝まで寝てしまった!なんて場合、
 
 カチカチになって大変な事になるかも?!)


・食事は高カロリーの物、(高脂肪、乳脂肪、糖分の多いものなど)を

 なるべく避け、和食中心にし、乳製品や水分の摂りすぎにも注意する


・肩凝りなどで血の流れが悪くなっていると溜まりやすくなるようです

 ストレッチなどを心がけると良いかもしれません


・ブラジャーは、ワイヤーの入っていないソフトなものを選ぶように


・バッテン式のおんぶ紐など、おっぱいが圧迫されるものも

 長時間使用しないなどの注意が必要です。


☆ 飲み物について ☆


飲みすぎに注意と言われても、

やはり授乳中は喉が渇くと思います。


溜まり乳さんは、温かいものを飲むと

母乳が余計に溜まりやすくなる傾向にあるようなので、

温かい飲み物は控えめにした方が良さそうです。


かといって冷たすぎるものは、

体の機能低下にもつながり、

よくありません。


時季的に辛い時もあるかもしれませんが、飲んでも飲んでも

喉が渇いて仕方が無い時など、なるべく常温の飲み物を

選んで飲むようにするとよいかもしれません。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

母乳育児の基礎知識

母乳についての知識を得ることで、育児の考え方が
かわってくるかもしれません。

母乳育児について理解できている人

私の一人目出産時のように、
理解できていないで言われるがままに・・・という人
とでは随分違いますよ!(^^)

関連エントリー


母乳の準備はいつから?
妊娠中から出来ること
おっぱいの出るしくみ
母乳の栄養とメリット
溜まり乳と差し乳
溜まり乳さんの為の知識
溜まり乳さんの注意点
差し乳さんの為の知識と注意点




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録