Top >  母乳育児の基礎知識 >  溜まり乳と差し乳

溜まり乳と差し乳

母乳は大きく分けると、

溜まり乳と差し乳タイプがあるようです。


溜まり乳は”張り乳”とも呼ばれるように、

おっぱいが張りやすいようです。


逆に、あまりおっぱいが張ってこない(溜まらない)おっぱいは

差し乳タイプであることが多いようです。


【 溜まり乳(張り乳)タイプの特徴 】


・出産して、わりと早くにおっぱいが張り、良く出るようになった


・時間があくと、おっぱいがパンパンに張り、硬くなってくる


・特に夜など、授乳間隔があいた時、おっぱいが痛くて目が覚め、

 時には母乳でパジャマが濡れていたりすることも・・・


・お風呂に入って温まった時など、自然と母乳が出てくる


・おっぱいが痛くなりやすい、詰まりやすい、乳腺炎になりやすい

 など、 おっぱいのトラブルが多い


・高カロリーの食事(高脂肪、乳脂肪、糖分の多いものなど)を

 摂ると、途端におっぱいが張ったり、トラブルを起こしやすい


【差し乳タイプの特徴】


・出産後、数日経過しても、おっぱいが張ってくる感覚があまりない


・搾ってもにじむほどしか母乳が出ない


・赤ちゃんに吸われた時にだけ、張ったような(ツーンとする)

 感じがある


・始めのうちの母乳量は5cc〜10ccとごくわずか


・よほど時間があかないと、おっぱいは張っらない


☆ 必ずしもこの2タイプに分かれるわけではありません。


どちらにも当てはまる項目のある混合型の人や、

始めの2〜3ヶ月は溜まり乳だったけれど、

だんだん差し乳になった。

というような人もいますし、その逆もありえます。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

母乳育児の基礎知識

母乳についての知識を得ることで、育児の考え方が
かわってくるかもしれません。

母乳育児について理解できている人

私の一人目出産時のように、
理解できていないで言われるがままに・・・という人
とでは随分違いますよ!(^^)

関連エントリー


母乳の準備はいつから?
妊娠中から出来ること
おっぱいの出るしくみ
母乳の栄養とメリット
溜まり乳と差し乳
溜まり乳さんの為の知識
溜まり乳さんの注意点
差し乳さんの為の知識と注意点




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録