Top >  母乳育児の基礎知識 >  妊娠中から出来ること

妊娠中から出来ること

1.バランスのよい食事をする


これは母乳育児を意識しなくても、

妊娠中の体重管理などで

ほとんどの方が栄養指導を受けているのではないかと思います。


母乳は、母親の摂った栄養をもとに作られますから、

それを飲む赤ちゃんに影響してくることは

言うまでもありません。


もちろん、お腹の中の胎児は

すでにママから栄養をもらっているわけですから、

バランスのとれた食事を摂る事は大切です。


妊娠中からバランスのとれた食事を意識して摂ることで、

産後、バタバタとしている中でも、自然と体によさそうなものを

バランス良く選んで食べる癖がつくかもしれませんね。(^^)


2.乳頭のマッサージをする


注意:やりすぎるとおなかが張って早産の危険があるのでほどほどに

   お腹が張りやすい人は控えましょう。
   
   妊娠20週を過ぎ、安定期に入ってから始めましょう。


乳頭マッサージのメリット

・乳首の汚れをとり、乳管の開通をスムーズにする事ができる。

・乳頭、乳輪を柔らかくし、赤ちゃんが吸いやすい乳首に。

・産後、赤ちゃんが乳首を吸う様な感覚に、お母さんが慣れる。

・乳房組織の発達を促し、良好な母乳分泌を期待する事ができる。


やり方は、産院や助産師さんの指示に従いましょう。

所要時間は5分ぐらいですので、

無理なく続けられるとよいですね^^

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

母乳育児の基礎知識

母乳についての知識を得ることで、育児の考え方が
かわってくるかもしれません。

母乳育児について理解できている人

私の一人目出産時のように、
理解できていないで言われるがままに・・・という人
とでは随分違いますよ!(^^)

関連エントリー


母乳の準備はいつから?
妊娠中から出来ること
おっぱいの出るしくみ
母乳の栄養とメリット
溜まり乳と差し乳
溜まり乳さんの為の知識
溜まり乳さんの注意点
差し乳さんの為の知識と注意点




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録