Top >  育児の基本 >  新生児期の赤ちゃん

新生児期の赤ちゃん

新生児期の赤ちゃんは、哺乳力も弱く、

おっぱいやミルクをちょこっと飲んでは眠ってしまい、

またすぐ起きて泣くというのはよくあることです。


もっとまとめて飲ませる事ができれば、

ゆっくり寝てくれるだろうに・・・

などと思うかもしれません。


出ないおっぱいを何度も吸わせるよりは、

まだ哺乳瓶でミルクをあげる方が、

母乳よりはたくさん飲めて、


ぐっすり眠れるのでは?・・・

というように考えてしまいがちですよね。


赤ちゃんがまだママのお腹の中にいた頃は、

約40分ごとに寝たり起きたりを

繰り返していたと言われています。


暖かい羊水の中で、40分おきに寝たり起きたりを

繰り返していた赤ちゃんが、外の世界へ出て来て、いきなり

ママと同じ様な規則正しい生活ができるはずがないんですね。


ママのお腹にいた頃は昼も夜もない世界だったのです。

だから、この世に出てきて、まだ慣れない新生児期は特に、

昼夜関係なく、泣いたり、眠ったりしてるのですね。


このような事を理解していれば、

赤ちゃんが泣きやまない! どうしよう?!

昼間なのに眠ってばかり、具合でも悪いのでは?


なんて余計な心配をしなくてすみますね。


赤ちゃんも徐々にお腹の外の生活リズムに適応してくれるように

なりますから、それまでは無理にリズムを作ろうとあせったりせず

ゆっくり赤ちゃんのペースに合わせてあげてほしいと思います。


赤ちゃんもそれぞれですから、2ヶ月ぐらいから夜まとめて

ぐっすり眠るようになる子もいますし、1歳になってもまだ

夜中におっぱいを欲しがり起きる子だっています。


しばらくは、赤ちゃんに合わせるママは大変かもしれませんが、

このような昼夜関係ないようなリズムがずっと続くわけではなく、

短かれ長かれ、期間限定だと思えば、頑張れるかもしれません。


世の中のママ達はきっと

みんな同じ様な時期を乗り越えて

来たのだと思います。

ちなみに、以下のようなお悩みご不安をお持ちの方はこちらをご覧ください
【当サイトをご訪問のママ達が見られている人気ページです】


断乳ケアをほかのママがどうしているか知りたい場合はこちらへ

ミルクをおいしく作るコツを知りたいママはこちらへ

離乳食を開始しようと思っているママはこちらへ




         

育児の基本

育児に疲れてしまった時、育児に悩んだとき、
ちょっと原点に返ってみませんか?

ドキドキワクワク我が子の誕生を楽しみにしていた気持ち、
そして産まれた時の感動を。。。

想いだしてみたら、気持ちが楽になるかもしれません。

関連エントリー


育児の基本は「楽しく!」
新生児期の赤ちゃん




母乳育児とミルク育児についてのメールセミナー 2人の子供を母乳育児とミルク育児で育てたママが教える【母乳育児とミルク育児講座】
【名字】
【メールアドレス】

はじめての方へ

育児の基本

母乳育児の基礎知識

出るおっぱいを目指そう!

おっぱいトラブル

母乳を与えられない時の対処法

ミルク育児

ミルク育児の不安

ミルク育児の便利グッズ

卒乳と断乳

フォローアップミルクと牛乳






Yahoo!ブックマークに登録